ブービー賞

皆様こんばんわ!

田辺ミッチェルで御座います。

ワタクシ最近ゴルフを趣味に持たさせて頂いております( ̄ー ̄)ニヤリッ

趣味・・・ていうのも恐れ多い程の下手くそなんですけど。

恐れ多くもマックスのコンペにも参加させて頂いたりして・・・

結果は・・・

ビリから2番めのブービー賞を頂きました。

そこで私、ふと思いました。

この嬉しいのか悲しいのかわからないこのブービー賞・・・

あまり人には誇れないこのブービー賞って一体。

ウィキで調べてみました。

 

ブービー賞(ぶーびーしょう、booby prize)とは、スポーツなどの大会において、最下位または最下位から2番目の競技者に与えられる賞である。

ブービー賞を与えるには最下位を決定する必要があるため、主にゴルフやボウリングなど、各競技者が個別にゲームを行い、その得点を比較することで全員の順位が決定する競技において設定されるが、ノックアウトトーナメントでも、敗者同士が対戦して敗者が次の試合へ進む対戦を組むことにより設定が可能である。また、競馬など公営競技のオッズ表記においても「ブービー人気」と紹介される場合がある(特に単勝式)

ブービー賞が与えられる順位

本来、ブービー(booby)とは最下位の意味であり、ブービー賞の賞品もジョークの込められた、取るに足らないものであることが通例だった。しかし日本では、弱者にもチャンスを与えるためか、ブービー賞に豪華な賞品が用意されることが多く、極端な場合には優勝に匹敵するほどの価値を持つ賞品が与えられる時まである。

そこで、故意に最下位を狙うという戦略を排除する意図で、狙いにくい最下位から2番目にブービー賞を与える流儀が定着した。 この場合、最下位の競技者は婉曲を込めてブービーメーカー(和製英語)と呼ばれ、こちらにも「ブービーメーカー賞」を与える場合がある。 最下位から2番目にブービー賞を与えるという流儀や、「ブービーメーカー」という言葉は日本独自のものであり、日本以外では通用しない。

ブービー賞と直接の関係はないが、優勝争いにもブービー争いにも加われない中位の競技者の目標として、5位や10位など切りの良い順位に賞を与えること(飛び賞)も広く行われている。

だそうです。

ん~狙うのが難しいのがビリから2番目ということで日本ではビリから2番目がブービー賞なわけですな。
飛び賞なんかもあるわけですね(笑)

そんなことは置いといて、、

ゴルフ場って素晴らしいですよね!( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

壮大な自然の中に囲まれた緑色の広い芝!☆

景色を見ているだけで心が洗われるようで御座います。

そこで思いっきりショットする!( ̄‥ ̄)=3

ゴルフボールが風を切り、まっすぐ勢い良くグリーンめがけ飛んで行く爽快感は、なんとも言えない気持ちよさです!

まあ私は、右に行ってしまいそのままバンカー、または池ぽちゃの方が多いのですが・・・

たとえまっすぐ飛んでもグリーン近くからがまた難しく・・・。゜(´Д`)゜。

グリーンに乗ってからのパターも難しく・・・(;´Д`)

非常に奥が深く技術がいるスポーツだということを身にしみております。。。φ(.. )

以前は、ゴルフとは縁がない人生でして映画やテレビでは見たことあるけれど実際自分が行くとは思わなかった・・・

人生とはわからないものですね。(・ω・)

きっかけを作ってくださった方々、お世話になった方々に感謝の毎日で御座います。

さあこれから練習頑張って気持よくプレー出来るように頑張らないと!

ということで人生何があるかわかりません!

練習すれば自分だって!

ブービー汚名返上出来るように頑張りたいと思いますですよ。

ではでは~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>